マーケターのプログラミング日記

東京、シンガポールを経てシリコンバレーで働く、マーケター。英語、プログラミング、データ分析は次世代マーケターの必須スキルだと信じて進む。

Google Predition APIに触れる

今月はGoogleがクラウド自然言語APIを公開したことが話題になってましたね。

文章からセンチメント(ポジティブかネガティブか)の判断を返すAPIも公開されたようで、ソーシャルメディアを使っているマーケターには朗報です。

以前からpredition APIは公開されていましたが、こちらは学習モデルのみで学習データは自分で集めて精度を上げていかなければいけないようです。

例えば、以下のようにFeeling kind of low....は"悲しい"、OMG!は"興奮している"、Eating eggplant.は"つまらない"のようにラベリングされたデータセットが必要です。

"sad", "Feeling kind of low...."
"excited", "OMG! Just had a fabulous day!"
"bored", "Eating eggplant. Why bother?"

 

ひとまず、Predition APIを以下の手順でいじってみました。週末は自然言語APIを触ってみようと思います。

 

手順

1) アカウントをつくる

2) Projectをつくる

3) Projectに紐づいたCloud Strageを作る

4) Cloud Strageに学習データをuploadする

5) API explorerでいじる

 

Tool

Google APIs Explorer:APIを試すためのページ

Google Cloud Platform:コンソールページ

 

Prediction API 参考ページ

google prediction APIの使い方 - 困ったー:わかりやすい

https://cloud.google.com/prediction/docs/hello_world:Google公式の解説

https://cloud.google.com/natural-language/docs/getting-started:自然言語APIの解説

 

自然言語API 参考ページ

https://cloud.google.com/prediction/docs/sentiment_analysisGoogle公式の解説

Googleクラウド自然言語APIを使ってみた - Qiita